リアル過ぎず、ラフ過ぎず デジタルイラストはCGのようなフォトリアル感や手描きのようなやわらかさとは一味違う、ちょうどいい具合のリアルさとラフさを一枚の絵の中に両立させ、明快でベーシックなイラストとして存在価値を上げてきました。無限に広がる表現手法 レタッチツールの様々なブラシやフィルタを組み合わせることで表現できるタッチは無限に広がります。このツールたちをどう使いこなすかが最後の仕上がりを大きく左右します。これまでにない新たなイラストレーションの世界へ モデリングやアングルは3DCADを駆使することでスピーディーかつダイナミックに。着色やレタッチはPHOTOSHOPを使い、よりシャープでアーティスティックに。これまでのイラスト表現では誰も見たことのない、新しい魅力あふれるイラスをと求めて、私たちは日夜デジタルイラストの世界を追求しています。