CGの今だからこそ 際立つ手描きのタッチ構図(アングル) 図面をしっかり読み込み理解し、下描き線画を作成します。手描きの場合かつては「作図法」に則って線を1本1本描き込む作業が主流でしたが、自由に角度を変えられてデフォルメにも対応する為に3DCADを用いてモデリングデータを作成し、様々なアングルを提案することができます。 モデリングデータによる構図出し 図面が揃わない場合やイメージしかない場合はラフスケッチなどで臨機応変に対応します 下描き アングルが決定したら着彩ベースとなるように鉛筆やサインペンなどで、必要な線を強弱・太さを使い分け整理し描き込みます。 着彩 主にウォーターカラー絵具で着彩しますが、パースの使用目的に応じ、マーカー、色鉛筆、パステルなどを使い分けます。モノクロの場合は鉛筆やサインペンで陰影を描き込んで仕上げていきます。