模型の魅力とは

模型はまだ図面しか存在しない計画の「現物」を縮小して作ります。表現手法により様々ですが一般的には現物により近いことが求められます。よく言われることですが、模型作成時に「組めない、収まらない」場合は現物(現場)も収まらないといいます。その分図面の精度が求められます。そして完成した模型を見て、関係者一同が竣工に向かって邁進する。あるいは近い将来、その場にいる自分の姿を想像し、夢を描いてもらう。など、訴求力の高いプレゼンテーションとなります。それだけに製作技術やキャリアも必要とされるやりがいのある分野です。表現できる分野は建物はもちろんのこと室内、ディスプレイ、機械、構造、プラント河川、道路、造成地、ジオラマ、などあらゆる分野に対応いたします。