質感への飽くなき探究心 リアルな古びた椅子の質感を表現するために、塗装の剥がれ感や木の老朽感を追求していきます。細かく細部まで妥協せずに作りこむほどに求める素材感は現れてきます。椅子と床の接地感 椅子と床との接地感を出すことでリアル感を出していきます。影や映り込みを駆使して椅子の重さを伝えることで、臨場感が生まれます。