見えない部分の作り込み 見えない部分の作りこみは、意味のない作業に見えますが、全体を見たときのリアル感は歴然です。小さすぎたり細かなものでも、実際にそこにあるわけですから、何かしら映像として影響をもたらしているわけなので、細かな部分の作りこみも無駄ではないのです。素材へのこだわり ブロッコリーやアスパラガスなど、細部まで、質感にこだわることで、リアル感を出していきます。ジャガイモや玉ねぎの配列や積み方にも妥協はありません。細かい作業ですが、それがリアル感に繋がっているのです。