リアルの追求

私たち開発事業部ではクライアント様よりフォトリアルを求められるケースが多いのでとにかく写真のようなリアルさを追求しています。どうすればリアルに見えるのかを常に頭におき、その季節や時間帯、空気感など臨場感を出す工夫を探求し続けています。CGでフォトリアルを求められるわけですが現実世界に完璧なものはありません。したがって、あまりに完璧に作ってしまうと非現実的に感じられてしまいます。 完璧な3Dモデルを正確に描き出すだけではリアルなのに何かが足りないと感じられて、却ってCGっぽく見えてしまいます。 フォトリアルは突き詰めると、不ぞろいなものは不ぞろいに、美しくないものは美しくなく描くということです。理想状態を描くことを想定したシェーダーだけでは全く力不足でしょう。 現実を観察する眼と、わざと配列をくずしたりキズや汚しを入れたりする緻密な作業、それを自然に見せるセンスが合わさってはじめてディティール感が生まれます。 現実世界の不完全さをいかに表現するかということがフォトリアルを作るテクニックであり、醍醐味なのです。